花屋さんでHAPPYを作る│プレゼントの選び方

お祝いの気持ちを伝える

ぬいぐるみ

結婚式の時や、何かおめでたいことが合った際に、電報を贈ることがあります。特に、結婚式に招待されたけれども出席できないという場合や、人数の関係で披露宴に招待されていない親戚や友人がいるという場合は、電報を送ることも多いです。電報は、様々な方法で送ることができます。まずは、電話で電報の依頼を行なうという方法です。電報を申し込んだ電話番号に電報の請求がいくので、一般電話や一部の携帯電話からでないと申し込むことができません。また、インターネットからも電報を打つことができます。電報を扱っている企業のホームページ等から申し込むことが可能で、業者によっては、バルーンやぬいぐるみ、プリザーブドフラワーなどが一緒になったものなど、様々なサービスがあります。支払いはクレジットカード等で行なわれることが多いです。

電報で、どのような文面にしたらいいかわからないというような場合は、まずは電報のホームページ等を確認してみましょう。様々な文例が掲載されているので、自分の立場に合った文例を見つけることができます。基本的に、祝電では忌み言葉や重ね言葉を避けて文章を作っていきます。別れる、切れる、戻す等の別れにちなんだ言葉や、重ね重ねなど再婚を連想させるような言葉は避けていくことがマナーです。自信がないという人も、文例を参考にすることでマナーを守った文章を相手に送ることができます。素敵な電報を利用して、相手にお祝いの気持ちを伝えていきましょう。